2006年3月アーカイブ

囲碁きっずの新しい対局場として「囲碁きっずスクエア」を準備中です。
大きな目玉が9路専用の昇降級戦と13路専用の昇降級戦がはじまることです。

いわゆる段級位は、19路での実力を表していますが、これはなかなかしっかりした基準で、たとえば5級の人が初段の人にハンディ無しで勝つような番狂わせはほとんど起きません。

それに対して、9路盤は世の中で研究されていることも、あるいは打つ人の経験も少ないため、下克上、大きな番狂わせがたくさん起きるものと予想されます。

思わぬ人があっという間に高段に駆け上がったり、逆に碁会所で五段だ、六段だと言ってる人が、5級ぐらいで低迷したり...楽しそうですね。

そして何より、二桁級の皆さんにも、これまでにない楽しみが出てくるのではないでしょうか。

関西の関係者や熱心なファン以外、見たことも聞いたこともないと思われる(失礼!)関西棋院の「囲碁関西」がアマゾン書店で販売されるようになりました。

囲碁関西 04月号 [雑誌]
B000EWBOOA

NHK杯でベスト4進出して一躍全国区に知られるようになった森山直棋九段が、毎月1人、子ども相手に指導碁を打つ「こども特訓指導碁」だとか、なかなか読みどころの多い雑誌です。これを機に、いちどご覧になってみては?

AとBの2ヶ所、打つところがあって、相手がAにくれば自分がB,相手がBにくれば自分がAに打てばいいというとき、AとBは見合い(みあい)になっている、と言います。




┌┬┬○○○┬┬┐
├┼○●●●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤
├┼○●A●○┼┤
├┼○●B●○┼┤
├┼○●┼●○┼┤
├┼○●●●○┼┤
├┼┼○○○┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘


黒はAとBを見合いして活きています。


┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼B┼┼┼●┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○C┼┼A┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘

序盤は見合いの関係が多く出てきます。
今は右下A方面と左上B方面が見合いになっています。
(もっとも、見合いの関係に満足せず、両方を手に入れるために黒Cなどと策動することもあります。)

囲碁入門それから...まさに、この本のタイトルのところで、どう進めばいいのかわからずに囲碁から離れていく人が多いのだろうと思いますし、囲碁きっずも、そんな人たちのための囲碁サイトを目指し続けたいと考えています。

4930831458囲碁入門それから―20級、13級、9級を一気にかけ抜ける
日本棋道協会
フローラル出版 2003-01

by G-Tools

25級から10級の人を対象にした、という時点でえらい!、と思いますね。

お気づきの方もおられると思いますが、囲碁きっずのトップページの「今日の問題」の下のほうに、もう1つ簡単な詰碁が表示されるようになりました。これも毎日更新されます。なお、こちらの問題は動きませんので、頭の中で解いてから答えをみてくださいね。

囲碁でどちらが先番かを決めるときには、(ジャンケンでも構わないのですが..)「ニギリ」というのを行います。囲碁きっずの対局場では黒に着席した人が「ニギリ」というボタンを押すと黒白がシャッフルされて決まるようになってますが、実際に碁盤に向かって人と打つときにはどうするのかを説明します。

1.目上、格上の人が白石の入った碁笥(ごけ 碁石の容器)を手前に置きます。

2.そこに手を入れて、白石をたくさん取って、それを握ったまま碁盤の上に手を置きます。
  (だから、「ニギリ」というんですね)

3.この白石の個数が 奇数(=半) か偶数(=丁)かをあてるのです。

4.相手の人は「半先(はんせん)」か「丁先(ちょうせん)」の意思表示をします。黙って黒石を1つ(半先)か、2つ(丁先)、碁盤に置くことが多いです。「半先」か「丁先」かを口に出してもいいです。

5.白石を持った方の人は、手を開いて、白石を2つずつペアにしていくことで、奇数か偶数かを調べます。

6.奇数か偶数かが当たっていたら、当てた人が黒、外れていたら白石を握った人が黒になります。

実際の様子は日曜日の12時20分~ NHK教育テレビ NHK杯囲碁トーナメントの番組の初めのほうでみることができます。

囲碁の世界では独特の術語がたくさんありますし、日常使う言葉がちょっと違った意味で使われることもあります。そういうのを少しずつ紹介していきたいと思います。

いい加減

聞き手:この戦いはどちらが得をしたんでしょうか?
解説者:いい加減ですね。

この、いい加減というのは、「ほどよい加減 = どっちかが得したとは言えず、互角と思われる」という意味で、囲碁ではよく使われる表現です。「きちんとしていない」という意味ではないのです。

囲碁の入門書というもの、たくさん出ていますが、イチオシなのがこれです。

1から始める梅沢由香里の碁
1から始める梅沢由香里の碁梅沢 由香里

日本放送出版協会 2004-03
売り上げランキング : 168,271

おすすめ平均 star
star超初心者が19路盤の大局観を養える
starわかりやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NHKの趣味悠々という番組のテキストだったのですが

・カラー写真入りで見やすい
・6路盤の石埋め碁から入る道筋がわかりやすい

などなど。

番組の DVD も出てます。

1から始める梅沢由香里の碁 前編[DVD] (1) 1から始める梅沢由香里の碁 後編[DVD] (3)

整地の仕方

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ネット対局ではコンピュータが地をカウントしてくれますが、碁会所や大会などで生碁(なまご)を打つ場合、最後に数えやすいように、地が長方形(そして、なるべく10の倍数)になるように石を移動させます。これを整地(せいち)といいます。

整地でよく使われる形は次のようなものです。覚えておきましょう。


┌┬A┬┬●┬┬B┬┬●┬┬●┬┬┬┐
├┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼●┼┼┼┤
●●●●●●┼┼┼┼┼●┼┼●┼┼┼┤
├┼┼●●●┼┼┼╋┼●┼┼●╋┼┼┤
├●┼●●●●●●●●●┼┼●┼┼┼┤
C●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼E┤
├┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┤
●●●●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┤
├D┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┤
├┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼●╋┼┼┤
├●┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●●●●
├┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
●●●●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼╋┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

A:5×2=10
B:5×4=20
C:4×3=12 12-2=10
D:7×3=21 21-1=20

E:盤端から辺の星までが10なので、10×n の形。

囲碁の地の数え方 1目、2目...
囲碁の石の数え方 1子、2子...

どちらも読み方は イチモク、ニモク...です。だから...

×2目にして捨てよ
○2子にして捨てよ

×天下五目の必勝戦略
○天下五子の必勝戦略

のはずだと思うのですが....次のような例があってちょっと怪しくなります。

9子のハンディを置くことを「セイモク」といいますが、これは漢字で「星目」あるいは「井目」と書きます。
「星子」「井子」と書かれたものを目にしたことは一度もありません。置碁のハンディの石を「目」で数えるのはすでに慣用化されているのかもしれません。

(もっとも、「星」も「井」も数詞ではありませんので、この場合の「モク」は全く違う意味なのかも....)

ずいぶん前に作っていたのですが、埋もれていました。

neko_goban.jpg

PDF ファイルです。

↓こちらからダウンロードしてください。
neko_goban.pdf

こんな紙に印刷するといい、とか、転写紙に印刷してこんな素材に転写してみた、とか、シール紙に印刷してこんなものに貼ってみたとか、活用のアイデアがあったら教えてください。

ジェイゴーの囲碁ワールドはご存知でしょうか。日本全国碁会所案内、囲碁の本紹介サイト J-go Booksなど、すごく情報が充実しています。数の多さもさることながら、更新もマメで信頼性が高いと思います。

この運営をされている古本さんとは数年前からの友人でして、この水曜もお宅にお邪魔してお話をしてきました。これから、いろいろ協力をしていくことになりそうです。

囲碁きっずのトップページの「一日一題 動く問題」を携帯電話でできるようにしてみました。

動く問題モバイル
today_jsp.jpg

着手を選ぶとき、碁盤の左上の点から順番に1つずつ移動しないといけないのが少し面倒ですが...

携帯の機種によって「サイズが大きすぎて表示できません」となるようです。その辺の情報もお待ちしています。

うさぎくらぶの義行&ひろみ先生とお昼ごはんご一緒しました。義行先生、21日の大阪オフにいらしていただけますよ。

この絵ハガキ、かわいいですよね。オフでゲットできるかも?
usagi.jpg

大阪よみうりテレビで「ミニ碁一番勝負」という番組のおかげで9路=ミニ碁という愛称がかなり定着しています。昨年、関棋ネットででも「ミニ碁グランプリ」というのを行いました。
囲碁きっずとしては13路の愛称も欲しいところ...と考えています。何かよいアイデアないでしょうか?
タイニイ、リトル...という路線で考えていたら冬季オリンピックからの連想で、囲碁ショートプログラム、というのが浮かびましたが..いまいちかな。

いずれ大きな大会(プロ・アマ オープントーナメント!?)を催すなどして、13路をもっと広めていきたいという夢はあります。

囲碁と脳の働き
和田 博
4883382923

脳の専門の医学博士で関西棋院理事長だった和田博さんとその仲間の皆さんが囲碁と脳の働きの不思議な関係を解き明かします。

本日13時~春蘭杯世界プロ囲碁選手権戦の一回戦、結城聡九段の対局(相手は未定)が関西棋院 前田亮六段の解説でタイゼムで音声中継されます。(会員登録をしなくても観戦できます)

冬期オリンピックがおわったばかり。頭脳スポーツでの金メダルを目指す結城九段を応援しましょう。

本日の夕方、サーバーの設定を触っていたときに誤って対局場を落としてしまいました。
対局中の方、申し訳ありませんでした。今後、気をつけます。

9路パズル?

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ある日、あるとき、ある人から

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼○┼○┼┤
○○○○●○○○○
●●●●●●●○●
├┼┼┼┼┼●●●
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘

この終局図に至る手順は?

という問題をいただき、デッチ上げた手順がこれです。

yuda_9ro.jpg

黒9,白16など、ちょっと(かなり?)苦しいですね。もっと自然な手順、ないでしょうか。

親子囲碁相談ルームの掲示板でお馴染みの、ままこ先生こと、荒木真子プロによる囲碁入門ワークショップ「ままことルンルン囲碁仲間」を大阪で昨年12月から月1回ペースで開催しています。

mamarun3.jpg

3月5日に行われた第3回では全く囲碁が全くはじめての方6人の参加もいただきました。
次回、4月上旬の日曜を予定しています。決まったら案内いたします。

3月9日(木)朝のNHK「おはよう日本」
朝7時45分 から約10分間、囲碁の話題が取り上げられる予定です。
経営と囲碁、脳と囲碁、などなど。

2003/9/29 に書いた文章です
==========================

大阪よみうりテレビの「ミニ碁一番勝負」という番組が、9路盤の囲碁というゲームをいわば、再発見し、市民権を与えました。これは本当に歴史的な功績ですよね。

功績、という点では足下にもおよびませんが、「囲碁きっず」も、13路盤の囲碁というゲームを再発見しつつあるのではないかと思います。

Q位認定において、10Qは私に対して9路の3子です。で、9Qになると、13路の5子となります。ここにものすごく大きな壁があります。下のQ位分布グラフをご覧ください。

2003/09/29 現在

Q位 : 7596 人

40Q 574 人 ********************
35Q 284 人 **********
30Q 559 人 *******************
25Q 570 人 ********************
20Q 862 人 *****************************
15Q 856 人 *****************************
10Q 2058 人 *********************************************************************
09Q 462 人 ****************
08Q 201 人 *******
07Q 284 人 **********
06Q 165 人 ******
05Q 177 人 ******
04Q 308 人 ***********
03Q 95 人 ****
02Q 42 人 **
01Q 72 人 ***

13路の壁、というものが「囲碁きっず」の中でいかに大きな存在感を持っているかおわかりいただけるでしょうか。

====

私自身、何局も13路対局を経験する中で、その面白さ、価値を感じます。
方向感覚と戦闘力を磨くのに最適なサイズだと思うのです。

いきなり19路に行ってしまうと、プロの碁の布石や定石の真似をして、わかったような気になる、強くなったような気になるという弊害が多少ある気がします(小学校低学年以下の年少の子の場合は関係ありませんが)が、13路ではそのようなゴマカシは一切、ききません。方向感覚(強い石・弱い石の判断)と死活・攻め合いのヨミで勝負が決まるのです。

「碁の密度」ということを考えることがあります。入門・初心者が19路で打つと、言葉は悪いですが、内容の薄い、スカスカの碁になってしまいます。9路なら一生懸命考えて、かなり中身の詰まった碁が打てます。大きな碁盤に移行する目安というのは、この密度を保てるかではないだろうか、そういうことを考えるのです。もちろん、早く大きな碁盤に移行してもいいのですが、強くなるためにかかる時間という点で効率がよくないのではないか、という意味ですが。

趙治勲プロはかつて著書で、「9路だけでやっていたほうが早く初段になれる」というような趣旨のことを書かれていました。実感としてよくわかる気がするのです。

とりとめのない話になってきました。最後に13路盤の大きなメリットをひとつ。

「お昼休みに1局打つのに最適なサイズですよ!」

2003/9/29 に書いた文章です
==========================

囲碁きっず」を立ち上げたのは2001年の10月のことでした。11月には iGo棋院ネットワーク(http://igo.cc)の森さんのご厚意でネット対局場を設置しました。

その最初の頃のことです。初心者と思われる方から、一局打ってください、と言われて相手をしました。19路盤。置石無し。

囲碁をよく知っておられる方なら、これがどういう状況かおわかりいただけるでしょう。大人と赤ちゃんの相撲みたいなものです。相当、手加減してもこちらが圧倒的有利になってしまいます。打っている途中、「おんぷパパ、手加減してよ」(おんぷパパ、というのは私が当時使っていたハンドルネームです)と言われました。しかし、どうにもこうにもしようがありません。

こんな碁が毎日毎日、何十局も打たれたりしたのでは、教わるほうも、教えるほうも大変だ。

その翌日、会社(当時はサラリーマンでした)の昼休みにふと浮かんできたアイデアが、現在、「囲碁きっず」の目玉となっている、Q位認定でした。

入門初心者は9路盤で9子からはじめて、アマ高段者(スタート当初はそういうメンバーでした)のボランティアの認定員と真剣勝負をする。9子で勝ったら40Qだよ。8子なら35Q...以下同様で、3子で勝てば10Q。

黒さんは「こんな狭い盤にこんなにたくさん石をおいて、人をばかにするにもほどがある」というような気持ちで打ち始めると思うんですが、それが魔法のように負かされてしまう。これはびっくりするはずです。囲碁の途方もない深みに、入門早々に触れてしまう。そして、その後は、自分が1日1日、強くなっていくのを実感できる。

10Qに達したときには囲碁というものが「一生もの」になっているはず。(囲碁界の最大の悩みは、ルールを覚えた人が囲碁の面白さに触れる前に脱落してしまうことではなかったでしょうか?)

白をもったほうだって、19路で「手加減」しながらダラダラ打つのとは全然違って、本気を出さないと勝負にならないから、面白いです。しかも黒さんの成長の手応えもしっかり感じることができる。「初心者に碁を教える楽しみ」をこれまでにない規模で掘り起こすことができたとも思っています。

ケータイ向けのメールマガジン「おはよう詰碁」をはじめました。

登録はこちらから。

カメラ付きケータイだったら↓が便利かも。
kids_mobile_QR.jpg

囲碁きっずの対局場、9路13路といった小さな碁盤の楽しさ、すばらしさを追求するために大パワーアップをしようとしています。

準備の進みぐあいなどもこのブログでお伝えしていきたいと思います。

・9路と13路でそれぞれ専用の昇降級システム

 5Qで、たこつぼは2K、9路3D、13路10K...なんてことも!?

・音声教室

 音声を使った入門教室、初級者教室など

・勝利宣言

 対局中に席をはなれてもどってこないときに勝利宣言(相手の投了と同じ)できるようになります。

・お友だちのいる部屋がわかる

 お友だちが何番の部屋にいるか、すぐわかるようになります。

などなど。

詳しくはオフ会掲示板をご覧ください。

詳しくはオフ会掲示板をご覧ください。

詳しくはオフ会掲示板をご覧ください。

お知らせ掲示板をブログに置き換えてパワーアップします。

このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。