十番碁第8局 銀星囲碁、互先での初勝利

十番碁第8局は序盤に劉備玄徳さんにシチョウをめぐる誤算があったようです。とはいえ銀星囲碁の解析では形勢は揺れ動いていました。

で、この場面。白1に切らしたところで手を抜いての黒2が人間にはなかなか浮かばない発想。
しかし黒4と打った後は銀星囲碁の解析では最後まで黒優勢が堅持されたのでした。

棋譜はこちらをご覧ください。

いよいよ大詰めの第9局は1月29日(月)21時~です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です